ニキビ対策に紫外線予防

紫外線と言うと、シミやシワ、たるみなどの原因という印象があるかもしれませんが、実はニキビにとっても少なからず影響があることが分かっています。

紫外線の中に含まれるUVAは、窓ガラスを通過することもできる浸透力の強いものです。 つまり、肌の外側だけでなく内側にまで届いてしまう力を持っているのですね。 すると肌の奥では活性酸素が大量に生成されてしまい、毛穴の奥から酸化が始まって炎症になってしまう、といったトラブルに繋がってしまうのです。

また、肌が本来持っている再生機能(ターンはオーバー)は、古い角質を落としていくためには必要な力なのですが、この機能を担っているコラーゲンの生成に紫外線は悪影響を及ぼします。 つまり直接ニキビの原因を作り出すだけでなく、ニキビを予防する力にも作用してしまうのが、紫外線なのです。

近年では地球環境の変化により、季節や場所に関係なく紫外線を受けることが多くなりました。 日陰を選んだり、日焼け止めを利用したりするなどして紫外線対策を心がけることも、ニキビ対策にとってとても有効です。